1月9日、南北代表は板門店の韓国側施設「平和の家」で2015年12月以来、約2年ぶりとなる南北高位級(閣僚級)会談を行った。

午前10時(北朝鮮時間同9時半)より始まった会談は、2度の全体会議、首席代表同士の2度の接触、そして4度の実務会議という内容で行なわれた。共同報道文は午後8時に双方の首席代表の出席の下で確定し、21時頃に発表された。

以下に共同報道文の全文を翻訳する。

【全訳】南北高位級会談 共同報道文(2018年1月9日)

南北高位級会談 共同報道文

「南北高位級会談」が2018年1月9日、板門店で行なわれた。

会談で双方は、北側代表団の平昌冬季オリンピック競技大会および冬季パラリンピック大会への参加問題と、すべての同胞の念願と期待に合わせ、南北関係を改善していくための問題を真摯に協議し、以下のように合意した。

1:南と北は南側の地域で開催される平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会が成功裏に開催され、民族の位相を高める契機になるよう、積極的に協力することにした。

これと関連し、北側は平昌冬季オリンピック大会に高位級代表団と共に、民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、参観団、テコンドー師範団、記者団を派遣することにし、南側は必要な便宜を保障することにした。

双方は北側の事前の現場踏査のための先発隊の派遣問題と、北側の平昌冬季オリンピック参加と関連する実務会談を開催することにし、日程は今後、文書を交換する方式で協議することにした。

2;南と北は、軍事的な緊張状態を緩和し、朝鮮半島の平和的な環境を作り、民族的な和解と団結を高めるために共同で努力することにした。

南と北は現在の軍事的緊張状態を解消していかなければならないという見解を同じくし、これを解決するために軍事当局会談を開催することにした。

南と北は多様な分野で接触と往来、交流と協力を活性化させ、民族的な和解と団結を高めることにした。

3:南と北は南北宣言を尊重し、南北関係で提起されるすべての問題を、わが民族が朝鮮半島問題の当事者として、対話と交渉を通じ解決していくことにした。

このために双方は南北関係の改善のための南北高位級会談と共に、各分野の会談も開催することにした。

2018年1月9日
板門店

南北会談写真
9日、青瓦台(韓国大統領婦)のフェイスブックに掲げられた画像。握手する南北会談首席代表の写真に「朝鮮半島のあらゆる対話の努力を支持することはとても重要です」とフランシスコ教皇が1月8日に語った「新年外交政策演説」の一部を引用した。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitterで編集長・徐台教を