朝鮮半島の非核化に関する共同宣言(1992年2月19日発効)

南と北は朝鮮半島を非核化することで、核戦争の危機を除去し、わが国の平和と平和統一に有利な条件と環境を造成し、アジアと世界の平和と安全に貢献するために、次のように宣言する。

1. 南と北は核兵器の試験、製造、生産、受付、保有、貯蔵、配備、使用を行わない。

2.南と北は核エネルギーを、ただ平和的な目的にのみ利用する。

3.南と北は核再処理施設とウラン濃縮施設を保有しない。

4.南と北は朝鮮半島の非核化を検証するため相手側が選定し、双方が合意する対象たちに対し、南北核統制共同委員会が規定する手続きと方法で査察を実施する。

5.南と北はこの共同宣言の履行のために、共同宣言の発効後一か月の間、南北核統制共同委員会を構成・運営する。

6.この共同宣言は南と北がそれぞれ、発効に必要な手続きを経て、その文本を交換した日から効力を発生させる。

1992年1月20日

南北高位級会談          北南高位級会談
南側代表団主席代表        北側代表団団長
大韓民国             朝鮮民主主義人民共和国
国務総理             政務院総理
鄭元植(チョン・ウォンシク)    延亨黙(ヨン・ヒョンムク)

※「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」は南北それぞれ国内での手続きを経て、1992年2月19日に「南北基本合意書」と共に発効した。
※北朝鮮の核開発により現在は有名無実化しているが、韓国政府は破棄を宣言していない。




Joint Declaration of the Denuclearization of the Korean Peninsula

To enter into force as of February 19, 1992

The South and the North,

Desiring to eliminate the danger of nuclear war through denuclearization of the Korean peninsula, and thus to create an environrnent and.conditions favorable for peace and peaceful unilcation of our country and contribute to peace and security in Asia and the world,

Declare as follows;

1. The Southand the North shall not test, manufacture, produce, receive, possess, store, deploy or use nuclear weapons.

2. The South and the North shall use nuclear energy solely for peaceful purposes.

3. The South and the North shall not possess nuclear reprocessing and uranium enrichrnent facilities.

4. The South and the North, in order to verify the denuclearization of the Korean peninsula, shall conduct inspection of the objects selected by the other side and agreed upon between the two sides, in accordance with procedures and methods to be determined by the South-North Joint Nuclear Control Commission.

5. The South and the North, in order to implement this joint declaration, shall establish and operate a South-North Joint Nuclear Control Commission within one month of the effectuation of this joint declaration.

6. This Joint Declaration shall enter into force as of the day the two sides echange appropriate instruments following the completion of their respective procedures for bringing it into effect.

Signed on January 20, 1992

Chung Won-shik
Prime Minister of the Republic of Korea

Yon Hyong-muk
Premier of the Administration Council of the Democratic People’s Republic of Korea




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitterで編集長・徐台教を