[全訳] 日米韓共同声明 [2017年7月6日ドイツ・ハンブルク]

テキストは英語版原本と、青瓦台(韓国大統領府)発表の仮訳を参照にした。翻訳は本紙、徐台教。

「北朝鮮が対話に復帰するよう最大限の圧迫を」日米韓首脳が共同声明、中露へのけん制も

文在寅韓国大統領、ドナルド・トランプ米合衆国大統領、安倍晋三日本国総理は、北朝鮮の核と弾道ミサイルプログラムによる深刻で高まる脅威を議論するために、7月6日にドイツ・ハンブルクで集まった。三か国の首脳は北朝鮮が複数の国連安保理決議を正面から違反し、韓国、米国、日本だけでなく、全世界の国家において北朝鮮の漸増する脅威が明らかになった、北朝鮮による7月4日の大陸間の飛距離を持った弾道ミサイルの前例のない発射を糾弾した。三か国の首脳は北朝鮮の脅威に共に対応し、 朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化という共同の目標を、平和的な方法で達成するために共調することが重要だと確認した。三か国の首脳はまた、北朝鮮が態度を変え、挑発的で脅威となる行動を自制し、非核化のための真摯な対話に復帰するよう最大限の圧迫を持続的していくよう、協力することを約束した。三か国の首脳は北朝鮮が正しい道を選ぶならば、国際社会と共に、北朝鮮により明るい未来を提供する準備ができていることを強調した。韓国、米国、日本は決して、北朝鮮の核武装を容認しない。

文大統領、トランプ大統領、安倍総理は、北朝鮮が不安定を呼び起こす、挑発的で、緊張を高める行為を行うことで、自身に深刻な結果が訪れる結果を見せつけるために、追加制裁を含む新しい国連安保理決議を早急に採択していくことにした。三か国の首脳は国際社会が迅速かつ徹底して全ての安保理決議を履行していくことと、北朝鮮との経済的関係を縮小する措置を執ることを促した。三か国の首脳はまた、北朝鮮と国境を接する国家が北朝鮮に対し、現在の脅威的で挑発的な道を放棄し、今すぐ非核化措置を執ることと、弾道ミサイルプログラムを中断することを説得する、より積極的な努力を傾けることを促した。

三か国の首脳はそれぞれの同盟をより強化し、北朝鮮のいかなる攻撃に対しても抑止し対応できるような能力を持続体に増強していくことを強調した。三か国の首脳は北朝鮮の脅威に直面し、三か国間の安保協力を持続的に発展させていくことを約束した。トランプ大統領は米国が保有した全ての範疇の在来式および核の力を活用する、韓国と日本に対する鋼鉄のような防衛公約を再確認した。



英文原文: Joint Statement from the United States of America, Republic of Korea, and Japan July 6, 2017

President Donald J. Trump, President Moon Jae-in, and Prime Minister Shinzo Abe met in Hamburg, Germany, on July 6 to discuss the serious and escalating threat posed by the nuclear and ballistic missile programs of the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK). The three leaders condemned the DPRK’s unprecedented launch, on July 4, of a ballistic missile with intercontinental range, a major escalation that directly violates multiple United Nation’s Security Council (UNSC) resolutions and that clearly demonstrates the growing threat the DPRK poses to the United States, the Republic of Korea (ROK), and Japan, as well as other countries around the world. The leaders affirmed the importance of working together to counter the DPRK threat and to achieve the complete, verifiable, and irreversible denuclearization of the Korean Peninsula in a peaceful manner, a shared goal among the three countries. They also committed to continue to cooperate to apply maximum pressure on the DPRK to change its path, refrain from provocative and threatening actions, and take steps necessary to return to serious denuclearization dialogue. The three leaders emphasized that they, together with the rest of the international community, stand ready to offer a brighter future for the DPRK if it chooses the right path. The United States, the ROK, and Japan will never accept a nuclear armed DPRK.

President Trump, President Moon, and Prime Minister Abe decided to press for the early adoption of a new UNSC resolution with additional sanctions to demonstrate to the DPRK that there are serious consequences for its destabilizing, provocative, and escalatory actions. They called on the international community to swiftly and fully implement all UNSC resolutions and to take measures to reduce economic relations with the DPRK.

The three leaders also called on the nations that border the DPRK to make further efforts to convince the DPRK regime to abandon its current threatening and provocative path and immediately take steps to denuclearize and to halt its ballistic missile program. The three leaders underscored their commitment to further strengthen their respective alliances and to ensure they continue to increase their capabilities to deter and respond to any attack from the DPRK. They committed to continue advancing trilateral security cooperation in the face of the threat posed by the DPRK. President Trump reaffirmed the ironclad commitment of the United States to defend the ROK and Japan using the full range of its conventional and nuclear capabilities.



この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitterで編集長・徐台教を